歯の健康を維持するための「予防歯科」

歯の健康を維持するための「予防歯科」

予防歯科とは何?

予防歯科は虫歯になってからの治療ではなくて虫歯になる前の予防です。じゃあ、自分で歯磨きをしておけば虫歯予防になるじゃない……と思うかもしれませんが簡単にできることではありません。

検診を目的として歯科医にいくことから始めましょう。定期的な検診をして歯の健康をきちんと守ることが大切です。歯の生え始めから一生涯を通じて歯周病や虫歯のトラブルから守るのです。日本でも2012年から厚生労働省が「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が報告されました。これをきっかけにして「予防歯科」という考え方が普及してきたのです。

大切なことは歯科医院でのプロケア(予防処置)とセルフケア(歯科医に指導して貰う)

歯科医での予防歯科治療は次のような種類があります。

口腔内検査

レントゲンや特殊な器具をつかって歯周病や虫歯でないかどうかを検査します。虫歯が見つかれば先に治療します。唾液を検査して細菌数を計測することもあります。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

毎日の歯磨きでしっかりとケアしていても実際にはできていません。歯と歯の間や歯と歯茎の境目や細かい溝についてしまった歯垢や汚れはなかなか除去できません。歯垢はプラークと呼ばれて「プラーク・コントロール」なんて言葉もコマーシャルで耳にすることもあります。

このような磨き残しが歯周病や虫歯の原因になるのです。だから歯科医師が専用の機器を使ってプラークを綺麗にクリーニングしてくれます。これをPMTCと呼んでいるのです。

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯の表面に塗ることで、フッ素は虫歯が出す酸に負けない効果が期待できます。虫歯予防効果は世界的にも認められているので定期的なフッ素塗布は予防歯科の基本でもあります。

スケーリング

歯石の除去のためにスケーラーと呼ばれる器具を使います。歯石の表面はざらざらした特徴があります。歯石をとっておけばプラークがつきにくい状態になります。歯石は普通の歯磨きではとれません。定期的に歯科医でとってもらいましょう。3カ月から6カ月に1度が目安です。

シーラント

プラークが残りやすい奥歯や歯のかみ合わせの溝を特殊な樹脂で防ぐ方法です。一般的には子どもの奥から3番目の永久歯に施されることが多いです。

いかがでしたでしょうか?

予防歯科は虫歯にならないようにするためです。定期的な歯科医検診と予防治療を受けるようにしましょう。