健康の定義

健康の定義

世界保健機関(WHO)の定義

1948年に作られたWHO憲章の前文があります。
「Health is a state of complete physical, mental and social well-being
and not merely the absence of disease or infirmity. 」
日本語に訳すと次のとおりです。
「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではありません。肉体的にも精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます」

身体的な病気がないことだけでは健康と言えない意味があります。社会生活の中で良好な人間関係を構築して、個人が持っている力を最大限に発揮して元気はつらつに活動して充実した生活をすることが大切になります。

 健康であることは3つの要素が必要

・ 肉体的(Physical)フィジカル
・ 精神的(Mental)メンタル
・ 社会的(Social)ソーシャル

これら3つが全て見たされることによって健やかな身体・病気にかかっていない元気で正常な身体であると言えます。

注目したいのは「社会的」も含まれることです。
社会的に満たされた状態は家族関係・友達関係・仕事関係など関わりがある人達との人間関係が良好でなければなりません。

ストレスは悪なのか?

決して悪いものと断言はできないでしょう。ストレスは人間が生きて行く上での「糧」にもなります。ストレスに打ち勝ってこそ充実感・達成感を得ることができるわけです。肝心なことはストレスとどのようにうまく付き合えるのかでしょう。

ストレスに対処することは、現代社会でいかに環境に適用していくかがポイントです。生活していてストレスを完全に廃除するのは無理でしょう。人は誰でもストレスを抱えながら毎日の暮らしをしています。病気になっていないことが正常とは言えません。肉体的な疾患だけを病気ということではありません。

いかがでしたでしょうか?

自分の仕事にやりがいをもって、適正な収入を得て生活をします。円満な家庭生活を送っている。肉体的にも精神的にも大きな問題を抱えていなく、日々の生活に満足していること。これこそが本来の意味での健やかな状態であると言えるでしょう。

総合的にみて健全な状態を実現することが大切です。毎日の生活を自己コントロールできているかどうかも大切なポイントになってきます。いかに自分らしい生き方ができるかを実現してゆきましょう。