現代人が健康であることとは何か?

現代人が健康であることとは何か?

病気でないことは身体も心も完全な状態であることをいいます。今回は【現代人が健康であることとは何か?】についてお話します。

とても大きなテーマになりますので、いくつかの項目に分けて迫ってみます。ここでは概要をご紹介して、各ページで詳細を説明してゆきます。

世界保健機関(WHO)が定義している有名なことばがあります。3つの要素が必要と言われており..

(1)肉体的
(2)精神的
(3)社会的

以上を満たさせることで健やかな正常な身体であることなのです。

1番目と2番目は理解しやすいですが、注目したいのは「社会的」ということでしょう。良好な人間関係が大切であることを目標と掲げているわけです。またストレスは悪なのかというテーマにも触れています。一般的にストレスは身体に悪いものと思われていますが、ストレスがないと無味乾燥な人生になるのです。

霊的に健康である状態とは何か

霊的というのはスピリチュアルです。和訳が難しいところですが、「尊厳」「存在意義」「アイデンティティ」と捉えてみるとわかりやすいです。また社会全体で過ごしやすい社会とつくることが大切になってくることも説明しています。興味深いテーマになっています。

自由に動ける健康を維持する方法

多忙な毎日になるとついついおろそかになってしまいますが、自由に動ける身体を維持するための方法をご紹介しています。具体的には..

(1)運動すること
(2)バランスをとれた食事をすること
(3)充実した睡眠をとること
(4)好きなことに打ち込めること
(5)楽しい会話でストレスを解消すること

..などを取り上げています。上手に健やかな身体づくりをする上で役だっていただきたいと思います。

リーズナブルな方法で健やかな身体を維持する3つのアドバイス

健やかな状態を維持するためにお金をかけるのはもったいないです。高額なサプリやスポーツジムやエクササイズマシンの購入はコストもかかります。ここでは3つのテーマに絞ってご紹介しています。(1)質素な食事を心がけよう!(2)ひとつだけ嗜好品を諦めてみよう!(3)日常生活で暇時間を見つけてエクササイズしよう……です。

歯の健康を維持するための「予防歯科」

しっかり毎日歯磨きをしているから大丈夫……そう思っていますが実際には違います。予防歯科は虫歯になってからの治療ではなくて虫歯にならないための予防です。

日本でも2012年から厚生労働省が「歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が報告され、これをきっかけにして「予防歯科」という考え方が普及してきたと言われています。

大切なことは歯科医院で受ける予防措置(プロケア)と歯科医に指導してもらうセルフケアが大切です。予防歯科治療には次のようなものがあり詳しく説明をしています。

(1)口腔内検査
(2)PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
(3)フッ素塗布
(4)スケーリング
(5)シーラント

予防歯科は虫歯にならないようにするためです。定期的に歯科医検診をして予防治療を受けることをお勧めします。

予防歯科を世界に広めたのはスウェーデンです。今から50年ほど前に長期に渡って大規模な調査がされました。それまでは対症療法だったのです。虫歯になってから治療をして歯を削って金属を被せる方法だった歯科治療を根底から覆すことになりました。

ここでは画期的な方法はプラークコントロール(歯垢除去)でした。国民の大半が定期的に歯科予防をすることで虫歯や歯周病を大幅に減らすことができたのです。日本でも子どもの虫歯は約10分の1に減ったと言われています。